着付教室の忘年会でお会いした、やまさき恵子さんは、墨と和紙を使う創作作家さんです。

柿渋や土も画材にされるそうなので、ぜひとも拝見したいと思っていたところ

豊橋は街中のカフェ『風花』(ふうか)さんで、個展があると聞いて、さっそく行ってきました。

『風花』さんは、アンティークガラスをパッチワークのように使った趣きのある外観と

すばらしい書体の看板が、なんとも魅力なお店です。

マスターとやまさき恵子さんのご主人とは同級生とのこと。

シャイな(これでも)私ですが

パスポートをいただいた気分で、恵子さんの作品を撮ってきました。

どうぞ、ゆるりとご覧ください。

また、2月28日まで開催ですので、ぜひ『風花』さんへもどうぞ!